We are the Worldの和訳 | 制作背景

音楽

どうも!

今回はWe are the Worldを和訳していきます。

その後、制作された背景などを見ていきましょう。


広告

We are the Worldの和訳

There comes a time when we hear a certain call
呼び声を聴く時が来たよ

When the world must come together as one
世界が一つになるべき時だ

There are people dying
死にゆく人たちがいるから

And its time to lend a hand to life
今こそ手を差し出す時なんだ

The greatest gift of all
命という素晴らしい贈り物のために

We can’t go on pretending day by day
知らないふりをして日々を過ごすのはもう終わりだよ

That someone, somewhere will soon make a change
誰かが、どこかで変化を起こすんだ

We are all a part of Gods great big family
僕らはみな神の素晴らしい家族なんだから

And the truth, you know,
それが真実なんだ、知ってるでしょ

Love is all we need
愛こそが僕らに必要なものなんだ

We are the world, we are the children
僕らの世界とはひとつ、僕らはその世界の子供たち

We are the ones who make a brighter day
僕らが輝いている明日を作り出すんだ

So lets start giving
だから与えることを始めよう

There’s a choice we’re making
僕らの選択がつくりだす

We’re saving our own lives
それは自分たちの生活を救うことになる

Its true we’ll make a better day
それこそが良い日々を作ることになるんだ 

Just you and me
まず君と僕とではじめよう

Send them your heart so they’ll know that someone cares
君の心を伝えるんだ、そうすれば彼らは誰かが心配してくれていることを知るから

And their lives will be stronger and free
そして彼らの生命は強く自由になってゆく

As God has shown us by turning stones to bread
神が石をパンに変えることを示してくれたように

So we all must lend a helping hand
僕らも救いの手を差し出す時なんだ

We are the world, we are the children
僕らの世界とはひとつ、僕らはその世界の子供たち

We are the ones who make a brighter day
僕らが輝いている明日を作り出すんだ

So lets start giving
だから与えることを始めよう

There’s a choice we’re making
僕らの選択がつくりだす

We’re saving our own lives
それは自分たちの生活を救うことになる

Its true we’ll make a better day
それこそが良い日々を作ることになるんだ 

Just you and me
まず君と僕とではじめよう

When you’re down and out, there seems no hope at all
君が落ち込んで、希望が無いように見えてしまっても

But if you just believe there’s no way we can fall well well well well
信じさえすれば 決して倒れることがないんだとしたら

Let us realize, oohh that a change can only come
変わることで気づくことが出来るから

When we stand together as one
僕らがひとつになりさえすれば

We are the world, we are the children
僕らの世界とはひとつ、僕らはその世界の子供たち

We are the ones who make a brighter day
僕らが輝いている明日を作り出すんだ

So lets start giving
だから与えることを始めよう

There’s a choice we’re making
僕らの選択がつくりだす

We’re saving our own lives
それは自分たちの生活を救うことになる

Its true we’ll make a better day
それこそが良い日々を作ることになるんだ 

Just you and me
まず君と僕とではじめよう

Just You and me
まず始めてみようよ

広告

制作背景

イギリスで成功したチャリティーバンドのバンドエイドに感化されて、アメリカでも作られたチャリティーバンドです。

アフリカの飢餓と貧困を解消することを目的として作られたキャンペーンソングです。
結果として、度重なる内戦や、エチオピアでの数十万人が亡くなる大規模な飢餓などが注目されるようになりました。

作詞作曲は、マイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共同で行っています。
レコーディング時の映像がビデオになったり、DVDになったりと映像化もされていたり、オリジナルグッズの販売もされていたりとかなりの人気を呼んでいます。

参加アーティストも豪華で、マイケル・ジャクソンを始めスティービー・ワンダーやボブ・ディラン、ダイアナ・ロス、ビリー・ジョエルなど全45人が参加しています。

最後に

30年以上も立っていますが、まだまだ色あせてませんね。

今ではリメイクされた、We are the World: 25 for Haitiもリリースされています。

人種や音楽性の違いなどを超えていろんな参加アーティストが、世界が一つになるときだって訴えていますね。

災害のときや何か事件が怒らないと助け合おう、一つになるときだなんて思いませんが、常に意識していきたいですね。

困ってたら助けてあげる、困ったときはお互い様だってそんな優しい世界になればいいな〜

僕はこの歌詞を和訳していて、まず自分から始めないとなって思いました。


僕だけではきついのであなたも一緒に始めてくれませんか??

そしてその輪がどんどん広がっていけばいいな!そうなることを願って!!

ではまた次回!