Green Dayの『Basket Case』の和訳 | Basket Caseの意味

音楽

どうも!

今回はGreen Dayの『Basket Case』を和訳していきます。歪んだエレキギターを鳴らしながらの弾き語りで始まるこの曲は、まさにGreen Day!という感じの曲となっています。ビリーの魂の叫びが書かれているそうですよ。

ではいってみよう!

広告

Green Dayの『Basket Case』の和訳

Do you have the time to listen to me whine
ちょっと泣き言を聞く時間はあるかい?

About nothing and everything all at once
あることないこと、一度だけすべて話すから聞いてほしいんだ

I am one of those melodramatic fools
俺は芝居がかったやつらと一緒だった

Neurotic to the bone
骨の神経まで染み込んでるんだ

No doubt about it
疑うことなんてないさ

Sometimes I give myself the creeps
ときどき自分にも驚くことがある

Sometimes my mind plays tricks on me
自分の心が自分に嘘をつくんだ

It all keeps adding up
それが今もずっと続いていて

I think I’m cracking up
俺は押しつぶされてしまうんだ

Am I just paranoid
俺は被害妄想なのかな?

Or am I just stoned?
それともただハイになっているだけ?

I went to a shrink
精神病院に行ってきたんだ

To analyze my dreams
見た夢を分析しにさ

She says it’s lack of sex that’s bringing me down
彼女は俺がダメなのはセックスが足りていないからだって言うんだ

I went to a whore
だから俺は風俗に行ったんだ

He said my life’s a bore
彼は俺の人生は退屈だと言った

So quit my whining cause it’s bringing her down
彼女を失望させないために愚痴をこぼすのをやめたんだ

Sometimes I give myself the creeps
ときどき自分にも驚くことがある

Sometimes my mind plays tricks on me
自分の心が自分に嘘をつくんだ

It all keeps adding up
それが今もずっと続いていて

I think I’m cracking up
俺は押しつぶされてしまうんだ

Am I just paranoid
俺は被害妄想なのかな?

Or am I just stoned?
それともただハイになっているだけ?

Grasping to control
ようやく自分を取り戻したから

So I better hold on
しっかりつかんでもう離さないようにするよ

Sometimes I give myself the creeps
ときどき自分にも驚くことがある

Sometimes my mind plays tricks on me
自分の心が自分に嘘をつくんだ

It all keeps adding up
それが今もずっと続いていて

I think I’m cracking up
俺は押しつぶされてしまうんだ

Am I just paranoid
俺は被害妄想なのかな?

Or am I just stoned?
それともただハイになっているだけ?



今回和訳した音楽も聞ける音楽サブスクリプションは【Amazon Music Unlimited】がお得です!6,500万曲以上の曲が聴き放題です。

今なら30日間無料で体験が可能。

無料体験中に止めればお金はかかりません。今すぐ体験↓↓

広告

Basket Caseの意味

Basket Caseって実は熟語なんですよ!辞書で調べるとなかなか意味を見つけられなかったりします。

この歌のタイトルや映画のタイトルにもなっていますが、無力な人やものを意味します。とくにストレスやパニックにより無力な人やノイローゼの人を指します。もともとは、第一次世界大戦中に戦闘で四肢を失った兵士を指した言葉だそうです。身動きが取れなくなりバスケットに入れて運ばれたことに由来しているそうです。

熟語ですが、実はスラングであり、「精神的に弱って動けない」ことを指します。

例文で確認してみましょう。

Mike is such a basket case. How he became a manager is a mystery to me. (マイクは理不尽な男だ。なぜ彼がマネジャーになったのかは、謎である。)

You wanted to see me get into a basket case.  (あなたは私がパニックで使い物にならなくなるのを見たかった)

意味は理解できましたか?スラングなのと解釈がいろいろとあるのでもしかしたら感覚を掴むのが大変かもしれません。頑張っていきましょう。

最後に

Green Dayの『Basket Case』はいかがでしたか?MVが病院から始まるので、はじめはびっくりしました。一体何があったのかという感じです。結構奇抜な演出ですからね。

この曲の背景を少し調べてみました。この曲を書いた当時のビリーはパニック障害に悩んでいました。けっこう大変な病気です。急にめまいがしたり、動悸が激しくなったりします。病気だと知ったのは今曲をリリースしてから数年後のことらしいです。その時は原因がわからずどうしてしまったんだと悩んでいたそうです。

この背景を知った上で聞くとまた違った印象を受けますよ。本当に病んでいたんだなと感じます。

今回はここまで。

ではまた次回!