Linkin Parkの『Lost In the Echo』を和訳 | Letの使い方

音楽

どうも!

今回はLinkin Parkの『Lost In the Echo』を和訳をしていきます

その後、Letの使い方を学びましょう

広告

Linkin Parkの『Lost In The Echo』和訳

You were that foundation
お前が支えだった

Never gonna be another one, no
他の誰かじゃ代わりになれない

I followed, so taken
だから夢中になって、何でも言うこと聞いてた

So conditioned, I could never let go
お前がいるのが当たり前だったから、手放すなんて出来なかった

Then sorrow, then sickness
悲しみがまずやってきて、その後気分が悪くなった

Then the shock when you flip it on me
お前が裏切った時はショックだったよ

So hollow, so vicious
とても空虚でとても悪意に満ちたよ

So afraid, I couldn’t let myself see
自分自身を見つめるのが怖くて、できなかった

That I could never be held
今までの人生では持ってなかった

Back or up, no, I’ll hold myself
ビクビクしていた、でもこれからは自分自身をちゃんと持っていく

Check the rep, yep, you know mine well
他の奴に確かめてみてもいいぜ、お前が俺のことよく分かってるだろうけど

Forget the rest, let them know my hell
他のことは忘れたよ、俺の地獄がどんなものか見せてやるよ

There and back, yet my soul ain’t sell
でも俺は抜け出してきた 魂までは売らない

Kept respect up, the best they fell
そこはちゃんと尊敬してくれ

Let the rest be the tale they tell
後は尾ひれがついて話されるはずだ

That I was there, saying…
俺がいた地獄の話をな・・・

In these promises broken, deep below
約束が次々破られて、深く落ち込んだよ

Each word gets lost in the echo
約束するって言葉がこだまのように虚しく消えていった

So, one last lie I can see through
お前の嘘を聞いてやるのもこれが最後だ

This time, I finally let you go, go, go
これでお前とおさらばだ、別れよう

Test my will, test my heart
疑うんなら試してみろよ

Let me tell you how the odds gonna stack up
何で見込みがあるのか教えてやろうか

Ya’ll go hard, I go smart
お前は頑固だが、俺はスマートにやるさ

How’s that working out for ya’ll in the back, huh?
俺の見えないところで裏でコソコソやってたんだろう?

I’ve seen that frustration
ストレスが溜まったよ

Been crossed and lost and told no
騙されて、自分を見失って、別れを告げられたんだ

And I’ve come back, unshaken
だけど立ち直った、もう動じない

Let down and lived and let go
落ち込んだけど、もう大丈夫

So, you can let it be known
知らせたいならそうすればいい

I don’t hold back, I hold my own
俺はビクビクしたりしない、負けるもんか

I can’t be mapped, I can’t be cloned
俺はもう操られないし、人の真似もしない

I can’t see flat, it ain’t my tone
ちゃんと多面的に物事を見る力もあるのさ

I can’t fall back, I came too far
これ以上は譲れない もうたくさんだ

Hold myself up and love my scars
確かに傷ついたけど、この傷を大事にしていく

Let the bells ring, wherever they are
始まりの合図だ、どこからでも構わない

‘Cause I was there, saying…
俺がそこにいたんだから話してやるよ

In these promises broken, deep below
約束が次々破られて、深く落ち込んだよ

Each word gets lost in the echo
約束するって言葉がこだまのように虚しく消えていった

So, one last lie I can see through
お前の嘘聞いてやるのもこれが最後だ

This time, I finally let you go
これでお前とおさらばだ、別れよう

No, you can tell ‘em all, now
皆にすべて言えばいいさ

I don’t back up, I don’t back down
ビクビクしたり、自分が折れたりしない

I don’t fold up and I don’t bow
諦めたり、頭を下げることもない

I don’t roll over, don’t know how
ジタバタもしない、どうやったらいいかも分からない

I don’t care where the enemies are
どこに敵がいるかなんて俺は気にしない

Can’t be stopped, all I know, go hard
俺を止めることはできない、進むことしかわからない

Won’t forget how I got this far
何でこんな事になってしまったのか、忘れることはないぜ

For every time, saying…
事あるごとに言い続けるさ・・・

In these promises broken, deep below
約束が次々破られて、深く落ち込んだよ

Each word gets lost in the echo
約束するって言葉がこだまのように虚しく消えていった

So, one last lie I can see through
お前の嘘聞いてやるのもこれが最後だ

This time, I finally let you go
これでお前とおさらばだ、別れよう

Go, go, go, go, go, go
俺は前に進み続けるよ

広告

Letの使い方

この曲でよく出てくるLet!

この使い方は覚えておくと、幅広く使えるので表現がすごくしやすくなりますよ。

Letの意味

さてここでLetの意味をおさらいしておきましょうか。

意味は「〜させる」とか「〜するのを許可する」とか「〜させてやる」です。強制から許可まで広くニュアンスを含んでいます。

ただLetは幅広いので、「〜する」で訳すとだいたい正解になります。Doと似ています。Letのほうが柔らかい感じです。

Sam’s father let his son go to prom. (サムのお父さんはサムをプロムに行かせた)

The CEO won’t let any journalist permit in his company. (社長は記者たちを会社に入れなかった)

Let meは「〜させて」

この言い方は使えるようになると、表現の幅がぐっと広がりますよ。

Let me 〜で「〜させて」という意味になります。直訳すると、「私が〜するのを許して」になります。

例文で確認しましょう!

Please let me know. (どうか知らせてください)

Let me go! (行かせて!、離して!)

Let me in. (混ぜて、仲間に入れて、入れて)

Let me see・・・ (えーーっと)

Let me seeだけちょっと特殊です。ちょっと見せてという意味でも使えるんですけど、考えながら話すときのつなぎ言葉としても使えます。

アメリカでは話さないと、しゃべる意志がないとみなされてしまうので、考えてるところですというアピールのためにも使ったりします。


最後に

信じてたのに裏切られた!って叫んでますね。

こうなった理由は忘れないぞって威勢よく言っています。ちっちゃいことが積み重なって爆発しちゃったんですかね?

やっぱりそういうのって良くないよね・・・

どんな些細なことでも人間関係においてはちゃんと話さないといけないことってありますよね。


失って初めて気づくことってあるんですよね。

この人は自分自身と向き合うのが怖かっただけみたいですよね。

その気持わかります、めっちゃわかります。

自分自身と向き合うと見たくないこととか認めたくない気持ちにぶちあたったりするんですよね。

そうすることで前に進めたり、成長したりするんでしょうね。

僕も自分と向き合お。

今回はここまで

ではまた次回!